忍者ブログ
今日も小さな幸せ探ししています。      
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

華やかな春


街中のあちらこちらがピンク色に染まる桜の季節。
毎年 この時期になると「日本人に生まれて良かった」と
改めて実感します。



日本に帰国して早くも3年が過ぎました。
いろいろなことがあり過ぎて ブログも放置状態でしたが、
また少しずつ再開できたらと思います。

拍手[4回]

PR
湘南の海を眺めながらランチ



10年ぶりのGWなので何処かに出かけたいと思うんですが、
どこに行っても人で混雑しているだろうし、
犬を連れて出かけるのがちょっと難しい我が家。

どうやって過ごそうかと考えているうちに連休が始まっちゃった。

まだ5月に入ったばかりだというのに、最近は真夏のような強い日差しが続いているので、
海を眺められるレストランでゆったりとランチがしたくなり、
いつもより少し早めに家を出て湘南まで出かけてきました。

 

北京には、水辺といえば后海くらいしかなかったので、
ホッとしたい時によく出かけていたけれど、やっぱり広い海は気持ちがいいわ〜。



ランチ場所は、海辺に建つイタリアンレストラン。
連休開始日とあって、混んでいたけれど時間も早めだったので、
さほど待たず、運良く窓際の席に案内してもらえました。
今、半熟卵を使ったまろやかさがにハマっているピザの「ビスマルク」。
他にムール貝やらソフトシェル、シーフードサラダと魚介満載のランチで大満足。



そして、
食事のあとは、ボートに乗って江ノ島まで行き散策を楽しんできました。



海では、ウインドサーフィンやジェットスキーなど
マリンスポーツを楽しむ人もいっぱいで、とても楽しそう。
眺めながら「若さっていいな〜」とすでにオバさん目線で見ている自分が・・・f^_^;









拍手[5回]

待春軒


横浜も春めいた日が多くなってきました。

北京では季節の変化が急激でしたが、
日本はゆったり穏やかに季節が移ろいで行くのですよね。

そうそう、こんな緩やかな変化がやっぱりしっくりくるのだと
改めて感じながら桜の開花を待ちわびています。

一斉に花が咲いてあっという間に春が終わってしまう北京。
長く住んでいたけれど不思議なもので
何年経っても駆け足で春と秋が過ぎてしまう
そんな気候に慣れなかったなぁ・・・・。
北京にお住まいのみなさんは、どうなんでしょうか?

先日街角でモクレンを見て北京を思い出しました。
今の季節は、木蓮や海堂が咲いているのかな?

 

横浜にある三渓園では、梅の花が見頃を迎えています。

その園内にある待春軒に三渓そばと言って素麺のような細いゆで麺に
タケノコやえのきの餡がかかっている汁なしそばがあります。



高校生の頃に食べた時、ものすごく美味しくて感動したので、
今回、またあの時の感動を味わいたいと楽しみに食べてみたら、
もちろん美味しい麺でしたが、そんなに感動するほどの美味しさじゃなかったf^_^;。

あんなに美味しく感じたのは何故だったのかな?

北京で美味しいものを食べすぎたのかしら?
期待しすぎた?

子供の頃大きな公園だと思っていたら実は、それほど大きな公園じゃなかったり、
遠く離れいた記憶の場所がそうではなかったり、

人の記憶なんて当てにならないものなのね。



私の北京生活もこうして当てにならないものなってしまうのだろうね。
何だか寂しいな。

拍手[5回]

嬉し楽しい麻辣香锅


日本でも本格的な麻辣香锅が食べられるんですよ〜。

北京を去る時にも食べ収めだと思ったけれど、
まさか1年を開けずに再会できるなんて!

看板もなくて、いっけん団地に住む友人の家を訪ねたようなレストランの入り口。
扉を開ければ「麻辣香锅」の大きな文字が目に飛び込んできて、
中国のどこにでもあるような雰囲気のお店でその外観と店内のギャップが面白かった。

麻辣香锅を知らない日本人が多いようで、店主がシステムなどを丁寧に説明してくれ、
冷菜を4種と主役の香锅、スープ炒飯をオーダー。

まずは、酔っぱらい海老がテーブルに運ばれてきました。
そうそう、コレ!裏切りのないこのビュアル!

活老を紹興酒に漬け込んだ料理で、魚介好きならエビの甘さが堪らないと思うわ。

そう言えば、北京でも酔っぱらい海老を注文したことがあって、
この写真のような海老がテーブルにくると期待していたら、
川海老のような小さなエビがいっぱい生きたままガラスのボールに入っていて、
食べようとお箸で掴むと跳ね上がって大騒ぎしたことがありました。

北京にお住まいの皆さん、北京で酔っ払いエビを注文する際はご注意を(笑




お通しとしてモリモリの香菜がグラスに入って食べ放題なんだけど、
ゴマだれやバジルソースをつけながら食べるなんて新鮮でした。
こんな食べ方があるのね〜。

さて、肝心の麻辣香锅のお味ですが、
北京のものと比べると味に深みがないというか、辛さも痺れもものたりなくて、
上品な優しい味でした。
たぶん、本場の味を経験していなかったら、充分美味しくて感動してたと思うわ。
辛いものって病みつきになりますね、いま無償に北京に食べに行きたくなっちゃった。


拍手[2回]

新年好


新年好!
中国にお住まいのみなさんは、楽しい春節休みを満喫中でしょうか\(^o^)/

春節期間中、日本に観光にくる中国人がぐっと増えたこともあってか、
なんと電車の中に中国語表示の広告があって驚きました。
買い物も半端な金額じゃないから、百貨店とかも力を入れているんでしょうけど、
全部が中国語の中吊り広告なんて時代が変わったなーって思います。

日本は爆竹も花火もなくてちょっと物足りないけれど、
除夕には、北京帰国組の友人たちとギョウザを作ってお祝いをしました。



みんな北京にいたからギョウザつくりは経験済み。
それに集まったメンバーは、お料理が得意の方達ばかりで、
手際が良くてどんどんギョウザが出来上がる様は、素晴らしかったですよ。

>

餡は、定番の猪肉白菜 と虾韮蛋木耳 。

包み方も本場、中国では左右からヒダを寄せて作ります。
今回もちゃんと練習して左右から寄せて作れる友人もいましたが、
私にはこれが難しくできないのよ。
なので私のギョウザは、左から一方にひだを寄せて作ったものでしたけど、
茹でてしまえば、案外分からない?!かも(^^;;。

日本人も餃子の包み方って人それぞれ違うのかな?

>

そして、みんな主婦だからあっという間に茹で上げ、
テーブルセッティングも片付けも早くて、素晴らしい〜!
あっという間にテーブルには、みんなが持ち寄った料理が並んで豪華になりました。!



モチモチの皮は、なかなか日本では手に入らないし、
一人で作るには時間がかかりすぎて負担が大きいから、みんなで作るのが一番ね。

ちょうど水餃子が食べたくなっていたので、とっても美味しかったです。


拍手[2回]

- 1 - 2 - 3 - 4 - 5 - 6
 top next
プロフィール
HN:
ミント
性別:
女性
自己紹介:
横浜から上海、北京と移り住んで、 よっと疲れが出てきた10年目にしてやっと日本に帰国しました。今度は横浜で日々の楽しみや小さな幸せを見つけて生きてます。
カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
ブログ情報
クリックしていただけると 励みになります。
最新コメント
拍手からコメントいだきますと返信ができませんのでご了承ください。
[08/26 Meamo]
[03/26 ミント]
[03/26 ミント]
[03/26 ミント]
[03/26 ミント]
[03/26 たなちゃん]
[03/04 pagi]
[03/02 たなちゃん]
ランキング
アーカイブ
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター
BACKGROUND / tudu*uzu
TEMPLATE / Lenny
忍者ブログ [PR]