忍者ブログ
今日も小さな幸せ探ししています。      
ハロウィン


もうすぐハロウィンなので、街を歩いていてもディスプレイに
カボチャを使っていたり、ハロウィンカラーだったり
10年前よりもハロウィンを楽しんでいるな〜って感じます。

先日、横浜山手にある洋館を幾つか巡ったんですが、
どこも素敵なハロウィンの装飾がしてあってとても楽しかったです。



こんなお家に住めたらな〜とか、こんな素敵なコーディネートをして
友人をご招待できたらな〜とか、いろいろ空想に浸りながら、
素敵洋館を見学してました。

そして、北京でもこの時期は、仮装した欧米人が歩いていたしたなーと、
ふと思い出しています。

拍手[3回]

PR
さくらさくら


横浜生まれ、横浜育ちの私は、帰国するとこの景色が見たくなります。
そして「あー帰ってきた〜」とホッとするの。

今回も少し長めの一時帰国。
帰ってきた時は、まだ冬の服装でウールの厚手のコートをきてたのに、
どんどん気温が変化して、今日は桜が満開。



季節の変化と共にみなさんの服装も春色に変わって、
ウールのコート、革のコート、ライトダウンを持って帰国した私の服装も
季節外れでおかしくなってきました。

それに長いこと日本を離れていると、ガラスに映る自分の姿が
イケてなくてギョッとすることもあります。

毎年、この時期に一時帰国することが多いから、
季節の変わり目でいつも着るものに悩むのよね。




桜を見に行きたいと思いながら、忙しくて車窓から流れる桜をうらめしく見るだけでしたが、
買い物に行くついでに少し遠回りをして
今日は、桜の下を歩き目的地まで行ってきました。

ここは、小学校も中学校もこの桜並木の下を通って登校した近所の川沿い。
子供の頃は、まだこんなに大きな木じゃなかったけど、
今では、桜の名所と言われるくらい大木が並んで見事になってます。



薄いピンクの花で包まれた今の季節、本当に綺麗でため息が出ちゃう。
桜を見ると日本人に生まれて良かったなーって思います。

北京も花が一斉に咲き始めて春真っ盛りの様ですね。
アリスも待っていると思うので、早く北京に帰らなくては・・・・。

拍手[7回]

日本滞在で思うこと





年末も近くなり日本でお正月を過ごすため帰国準備をされている方も多いと思います。
私は、一足早く日本に一時帰国しており、明日の朝北京に戻る予定です。

日本を離れて8年も経つと帰国するたびに、毎回違う感想が自分の中に残って、
「今度はどんな思いが湧き上がってくるかな」と楽しみになるくらい。

日本を離れて1年経ち最初に帰国した時は、空港で「お帰りなさい」という文字を見て
涙ぐんでしまったり、富士山など日本特有の景色や文化がとても愛おしく感じました。

あれも食べたい、あっちに行きたい!たくさんの友人にも会っておきたい!と
多分、最初の頃の方が日本に帰国して一番勢力的に滞在を楽しんでいた時期だったかな。

だんだんと中国での生活が長くなると、日本と中国の習慣の違いに戸惑うことが多く、
5歩ほどで渡れてしまう横断歩道で、
車がいなくてもみんなが青に変わるのを待っている事や、
電車の中で誰もが無言で携帯を見ている光景に違和感を感じたり、
切符の買い方や東京のリズムの早さに戸惑ったり、
少しずつ日本から自分が遠くなってしまったのを感じたものです。

今、8年が過ぎて、ようやくどちらの生活も自分の中で消化できたみたい、
自然体で受け入れられるようになって違和感も感じなくなったかな。

もう、そろそろ日本に戻れるかな・・・。

そう思ってみたりしますが、いざ本帰国が決まったらきっと複雑かも。
どちらが自分にとって居心地が良いのか分からなくなってきています。

今回は、高校時代の友人と再会したり、
これまた長くご無沙汰していた従兄弟たちや叔父、叔母と会って
月日の流れを感じる日本滞在でした。

いつも日本滞在は、10〜14日ほど。
基本的に年に1度しか帰国しないので、やることが多く忙しく用事を済ませると、
自由になる日はわずかなので、なかなか思うように友人に会えないのが寂しく感じます。

中国での生活は、3年ほどで終わるだろうとおもっていたので、
日本に本帰国したら友人に連絡をとってゆっくりと会いたいと思っていたけれど、
会いたい人は、どんどん増えるばかり。




北京から寒そうな雪景色の写真を友人が送ってくれましたが、
聞くところによればなんとマイナス20度越えの寒さだとか!

日本は、家の中が寒くて北京の暖かい家は恋しくなってきましたが、
気温を聞いてあまりの寒さに帰るの怖い気もします。







拍手[11回]

さくら


春の霞んだような柔らかな色合い。

こんな淡い優しい色って、日本ならではの美しさですよね。
心がホッと緩んで来るのを感じます。

しばらく日本に帰国しており、日本の桜を満喫してきました。

少し肌寒い日本でしたが、今年は桜の開花が遅かったこともあって
私が帰国した頃にちょうど見ごろを迎えていました。

日本に住んでいたころは、当たり前の風景だったけど、
離れてみると改めて日本って桜が多いですね。

電車に乗っていても、街を歩いていても、何処でも桜が満開で、
ひとりで電車の窓から心の中でニヤニヤと桜を楽しんでいました。

まず、帰国早々に出かけたのが上野公園。
天気もよく、一番の見ごろを迎えていたので
早い時間でもたくさんの人で混雑してて、公園は人でいっぱい、
人の波に押されながらの花見でした。



中国語があちらこちらから聞こえてきて、
「あれ?ここって何処だっけ?」と思うほど中国人が多かったの~。
中国でも日本の桜を見るツアーなどが企画されているので、そんな観光客や
日本滞在の中国人がお友達と来ているといった感じでした。

そして両脇は、花見の席取りのためブルーシートがいっぱいで、
情緒はないけど満開の桜が一番キレイだったのが上野公園でした。



2回目は、北京での友人と久しぶりに再会して、一緒に千鳥が淵を散歩。
少し見頃は過ぎちゃいましたが やっぱり千鳥が淵の桜はいいですね。
何度見ても感動しちゃいます。(TOPの写真)

お堀で両脇の桜に囲まれながら、
花びらで桜色に染まった中でのボートも素敵。


3回目は、「天気予報で明日は1日中、雨」言うことで
少し体調が良くなかったけれど、雨が降ったら桜ももう終わりだからと
無理して近所の桜並木をお散歩してきました。



この桜並木は、私が6年間小学校の通学路だったこともあって
大好きな場所、仕事を始めてからも桜の季節になると、
遠回りをして桜の下を歩きながら帰宅したものです。

懐かしいなぁ~~。




北京に戻ってからも桜を見られるかな・・と思って帰国しましたが
気温の高い日もあって、どうやら終わってしまったもよう。

でも 日本でいっぱい見てきたので充電完了。
また北京の生活頑張れそうです。

拍手[0回]

やっぱり桜は特別な花だなぁ~
P1030622.jpg

このなんとも言えない淡い色合い。。。良くないですか~??

この優しい色合いは、やっぱり日本ならでは何だと思います。

今回、日本に帰国した理由は「桜が見たかったから・・・」。

日本を離れて5年、春になると桜が恋しくなって
上海でも北京でも桜のあるところで出かけては 桜を眺めていました。

でもね~、やっぱり日本で見る桜とは違うんですよ。

なんて言うのかなぁ~、空気感というか 日の光というか・・・・
花を見る人々の雰囲気が違うから そう感じるかもしれないけど
日本で穏やかな空気に包まれて 
淡いピンクで染まる景色を久しぶりに味わいたかったの。

P1030604.JPG

気温が低くて5分咲きのままなかなか満開になってくれなかったけど
北京に帰る間際になって 
やっと青空が広がりこんなにキレイな桜を見ることが出来ました。

それも この日は風がなくて 本当に最高の花見日和。まさに春爛漫。

北の丸公園から千鳥が淵抜けて 桜のトンネルを楽しんできましたぁ~。

日本にたら 何気なく眺めて終わってしまうかもしれないけど
離れてみて改めて「日本人にとって桜はやっぱり特別な花」なのだと感じますね。

今度は いつ見られるかな?日本の桜。

P1030609.JPG P1030606.JPG

拍手[0回]

- 1 - 2 - 3 - 4 - 5 - 6
 top next
プロフィール
HN:
ミント
性別:
女性
自己紹介:
横浜から上海、北京と移り住んで、 よっと疲れが出てきた10年目にしてやっと日本に帰国しました。今度は横浜で日々の楽しみや小さな幸せを見つけて生きてます。
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ情報
クリックしていただけると 励みになります。
最新コメント
拍手からコメントいだきますと返信ができませんのでご了承ください。
[03/26 ミント]
[03/26 ミント]
[03/26 ミント]
[03/26 ミント]
[03/26 たなちゃん]
[03/04 pagi]
[03/02 たなちゃん]
[01/12 たなちゃん]
ランキング
アーカイブ
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター
BACKGROUND / tudu*uzu
TEMPLATE / Lenny
忍者ブログ [PR]