忍者ブログ
今日も小さな幸せ探ししています。      
どこかの国で
今日BS放送で「臓器売買」の番組を見た。
平和で豊かな日本で暮らす私たちには、
とても想像の出来ない世界。
日本でも持病のため透析が必要だったり
薬が手放せなかったり 
辛い日々を送っている方も多いだろうが
臓器を買って移植手術を考えたひとは、少ないだろう。
それに 認可している国も少ないはずだ。

パキスタンでは、腎臓がひとつ1500ドルで
売買されているという。

臓器を必要とする患者は、外国から
口コミで病院を訪れ 支払う金額は、15000ドル。
仲介人が100ドルを取り 差額は、医者の利益となるのだろうか?
臓器を提供する人が たったの1500ドルだなんて。

ほとんどの人は、貧しいため生活費や
借金の返済に充てるのだそうだ。
なぜ、そんなに安い金額なのか?
それは、売りたい人が多い為
需要と供給でこのあたりの金額になっていると言う。

お金とは、何なのだろうかと考えさせられた。
「この世は、お金じゃないよ~」なんて
気軽に私は、いつも言うが
この世は、食べていくためには、生きていくためには
やっぱりお金がないと駄目なのだ。

臓器を取り出す際のリスクは、伝えられず
「取り出して縫えば、元通りになる」と言われるだけ。
そして 臓器を提供した貧しい人たちは、
術後1週間で病院を出され 厳しい労働に戻る。
病院側も用が済んだ患者は、早く放り出すのが現状で
多くは、痛みを伴う後遺症に苦しみ
後に仕事が出来ないため 収入が減り
さらに貧しい生活となる人が
後を絶たないらしい。

売る人がいるから 買う人がいるのだろうか?
買う人がいるから 売る人がいるのだろうか?

買う人は、健康になり 売る側は、借金を返済できるが
なにか間違っているような気もする。
どこかの国で こんな事が日常的に
起こっていること、貧富の差にショックを受けた。

拍手[0回]

PR
- 1040 - 1039 - 1038 - 1036 - 1035 - 1355 - 1354 - 1353 - 1352 - 1351 - 1350
prev  top next
プロフィール
HN:
ミント
性別:
女性
自己紹介:
横浜から上海、北京と移り住んで、 よっと疲れが出てきた10年目にしてやっと日本に帰国しました。今度は横浜で日々の楽しみや小さな幸せを見つけて生きてます。
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ情報
クリックしていただけると 励みになります。
最新コメント
拍手からコメントいだきますと返信ができませんのでご了承ください。
[03/26 ミント]
[03/26 ミント]
[03/26 ミント]
[03/26 ミント]
[03/26 たなちゃん]
[03/04 pagi]
[03/02 たなちゃん]
[01/12 たなちゃん]
ランキング
アーカイブ
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター
BACKGROUND / tudu*uzu
TEMPLATE / Lenny
忍者ブログ [PR]