忍者ブログ
今日も小さな幸せ探ししています。      
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

マルコポーロも見た橋
 p1080867-1.jpg 
ここしばらく 珍しく雨が多かった北京ですが
久しぶりに 青空が広がった日曜日。

爽やかな空気に包まれて とっても気持ちよかったですね。

北京市内から南西に車で30分くらいの所に
「蘆溝橋(lugouqiao)」という石橋があります。

p1080884-1.jpg
マルコ・ポーロが中国に訪れた際
このアーチ型の石橋の美しさを絶賛し
「東方見聞録」にも「世界で稀に見る美しい橋」として
記したと言うので
ちょっと足を伸ばしていって見る事にしました。

p1080881-1.jpg全長235mの石橋

中央に見える石の凹みは、
馬車のワダチの跡だそうで
遙か向こう岸まで永遠と続いています。

橋の下には、満ちた豊かな川が広がっている・・・
のかと思ったら 夏で水が干上がってしまったのか
一面 綺麗な野原になっていました。(獅子の写真参照)

まぁ、それはそれで綺麗な景色でしたが
取り残された ボートが寂しそうでした・・・。

そして両側の橋の欄干には、獅子が並び
すべての表情や仕草が違うんですよね。

p1080879-1.jpg p1080878-1.jpg
愛嬌のある笑顔の獅子たち  良い笑顔です  

現在は、改修されてキレイになってしまっているので
きっとマルコ・ポーロが見た石橋とは、
もう違うのだろうな~。
すべてがキレイに修復されちゃうのも ちょっと残念だわ。


そしてこの橋が有名な理由のもう一つは、
日中戦争の発端となった場所だという事。

日本軍がこの橋を渡り 北京に入ってきたそうです。

そんな場所でもある為 近くに
「抗日戦争記念館」もあります。
以前より機会があれば 訪ねてみたいと
思っていたので 見て歩いたが
なんとなく ちょっと複雑な思い・・・。

案外中国人観光客が多くて驚きました。
やはりここは、中国人にとって北京の観光地の一つなんでしょう。

p1080861.jpg p1080868-1.jpg
当時の写真           現在

最初は、日本語で話しをしていた私も
ドンドン奥に進むに連れて 日本軍の残忍な行為を
目にすると 空気が重くて
口を一文字に結んだまま言葉が出なくなる。

見学を終えて いろいろな思いが心に渦巻いていますが
上手く表現できないので ちょっと省略させてくださいね。
うん・・・・やっぱり戦争は、良くない事
決して繰り返してならないと つくづく感じました。






拍手[0回]

PR
- 1469 - 1468 - 1467 - 1466 - 1465 - 1464 - 1463 - 1462 - 1459 - 1458 - 1457
prev  top next
プロフィール
HN:
ミント
性別:
女性
自己紹介:
横浜から上海、北京と移り住んで、 よっと疲れが出てきた10年目にしてやっと日本に帰国しました。今度は横浜で日々の楽しみや小さな幸せを見つけて生きてます。
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ブログ情報
クリックしていただけると 励みになります。
最新コメント
拍手からコメントいだきますと返信ができませんのでご了承ください。
[03/26 ミント]
[03/26 ミント]
[03/26 ミント]
[03/26 ミント]
[03/26 たなちゃん]
[03/04 pagi]
[03/02 たなちゃん]
[01/12 たなちゃん]
ランキング
アーカイブ
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター
BACKGROUND / tudu*uzu
TEMPLATE / Lenny
忍者ブログ [PR]