忍者ブログ
今日も小さな幸せ探ししています。      
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

北京で一番古い寺に行ってみた。


北京で一番古いと言われる「法源寺」へ出かけてきました。

イスラム教徒が多く住む牛街の小さな路地を入ったところに、
ひっそりと経つこの法源寺は、696年に建てられたと言うから、
ざっと数えても1300年以上の歴史あるお寺。

そんなお寺が、普通に存在するのが北京のいいところかも知れません。

法源寺は、牛街の大通りの東側にある教子胡同を、
更に東へ入る人通りの少ない小さな路地(法源寺前街)にあります。



あんまり無造作すぎて歴史あるお寺だと言うオーラも感じないから、
下手したら中には入らず通り過ぎてしまいそうなくらいなんでもないお寺。

門構えも大きくないけれど、中に入ってみると奥へと結構広い敷地の中に、
経堂やがいくつもあって、のんびりと散策するには、ちょうどいい大きさです。



奥には、神学校も併設されていて、時々若い僧侶たちとすれ違ったけれど、
携帯でメールをしていたり、笑顔でお喋りしていたりして、
日本で言う修行僧と少しイメージが違って自由な感じに見えました。
(本当は、ものすごーく厳しかったするのかもしれないけど・・)



静かに足を進めていくと、ここへお参りに来る人だったり、
私のように散歩がてら見学している人だったり、ぽつりぽつりと人とすれ違う。

でも、北京で一番歴史ある寺にしては、訪れる人も少なくて静かでした。

私は、中国の歴史もあまりよく分からないし、北京についても詳しくないから、
この寺でどんなことがあったのか読んでも、あまりピンとこないけれど
唯一この寺で歴史を感じたのはこれ。



もしかして そう古くはないのかもしれないけど、使い込んだ感たっぷりじゃないですか?


この寺でなによりも一番印象的だったのはスズメの多さ。

 

スズメのためにエサや水があっちこっちに置かれていて、
冬の食べるものが少ない時期の優しい思いやりにちょっと感動したりしてね。



日が暮れ始めてて、少し暗いですが、たくさんのスズメが居るの分かりますか?

今はまだ冬の寒々しい景色でしたが、このお寺はライラックの季節になると、
境内が花でいっぱいになるらしいです。

またその季節に行ってみたいなー。




住所: 宣武門外教子胡同の南側長椿街
アクセス:バス6、50、53、109路バス教子胡同下車

拍手[0回]

PR
comments**
ライラックきれいだよ 
ライラックの季節に2,3度行ったことあるけど、
すごい綺麗だから、ぜひ一番いい時をねらって
行ってみて♪

一番古いお寺って言っても、昨年大規模修復工事
やってたから、きっと新しい感じになってるよね・・・

すずめの学校がかわいいね☆
** 2012/03/02 19:48 | Posted by まっきー
Re:ライラックきれいだよ 
ライラックのきれいなお寺ってここだったんですねー、
是非ぜひ、5月頃にまた行ってみまーす。楽しみだわ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
2012/03/28 17:09 | From ミント
No Title 
すてきな場所ですね
もう少し暖かくなりましたら
いってみたいと思います。
** 2012/03/02 18:19 | Posted by koyuki
yourname ()
title ()
website ()
message

pass ()
- 1803 - 1801 - 1802 - 1800 - 1799 - 1797 - 1796 - 1795 - 1793 - 1792 - 1791
prev  top next
プロフィール
HN:
ミント
性別:
女性
自己紹介:
横浜から上海、北京と移り住んで、 よっと疲れが出てきた10年目にしてやっと日本に帰国しました。今度は横浜で日々の楽しみや小さな幸せを見つけて生きてます。
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログ情報
クリックしていただけると 励みになります。
最新コメント
拍手からコメントいだきますと返信ができませんのでご了承ください。
[03/26 ミント]
[03/26 ミント]
[03/26 ミント]
[03/26 ミント]
[03/26 たなちゃん]
[03/04 pagi]
[03/02 たなちゃん]
[01/12 たなちゃん]
ランキング
アーカイブ
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター
BACKGROUND / tudu*uzu
TEMPLATE / Lenny
忍者ブログ [PR]