忍者ブログ
今日も小さな幸せ探ししています。      
天津名物を味わう
北京から140kmの処にある天津。
列車で2時間、車でも2時間半くらいで行かれる為か
北京を歩いていると「天津」という文字をよく目にします。

天津と言えば 有名なのが「狗不理包子舗」。


P1030163.jpg


以前、日本でハルピン出身の中国人女性が

「ここの包子は、有名なの。
昔は、天津で小さな店を構えていたらしいが
大繁盛して 今は、北京にもあるよ。
まぁ、話の種に一度食べてみると良いかもね  」

と言っていたのを思い出しました。

「狗」は、中国で「犬 犬」を表します。
「話を聞いたとき もしかして 犬を使った包子なの??泣く

と不安になったのですが ご安心ください。
ただ、店の名前だけで 全然関係ないそうですから!!

 話に聞いていた店を見たら 食いしん坊ミント!
 食べてみないわけには、行かないでしょう~



王府井にある店内は、いつ見ても大混雑。
外から見たら凄く立派なんだけど
店内は、ちょっとしたファーストフード店のような感じ。
P1030161.jpg 
 山菜包子、きのこと青菜の包子、
蟹肉餡包子、猪肉包子など
包子もいろいろ。

私は、無難な猪肉(豚肉)包子セットと
 ショーケースの中から
 食べたい小皿を3つ選んでみた。
(どれも小皿1個5~10元)
 

P1030155.jpgP1030156.jpg

包子は、小龍包よりも一回り大きいくらいで
ちょっと小振りの肉まんといった感じです。

それが9個とスープ(味がない)、漬け物がセット。

P1030154.jpg


店の奥では、若いお兄さんがせっせと包子を作っております。

上海では、小龍包作りって みな女性がしていたんですが
北京では、男性が作るのねぇ~ 
やっぱり 一回り大きい分 手が大きい方が良いのかも?
小さな包子と格闘してる姿 がちょっと不思議に見えました。

肉汁たっぷりな小龍包を食べ慣れていた私には、
肉厚の包子は、少し物足りなかったけど
そのぶん さっぱりしたお味でした



拍手[0回]

PR
- 803 - 802 - 801 - 800 - 799 - 798 - 797 - 796 - 795 - 794 - 793
prev  top next
プロフィール
HN:
ミント
性別:
女性
自己紹介:
横浜から上海、北京と移り住んで、 よっと疲れが出てきた10年目にしてやっと日本に帰国しました。今度は横浜で日々の楽しみや小さな幸せを見つけて生きてます。
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ情報
クリックしていただけると 励みになります。
最新コメント
拍手からコメントいだきますと返信ができませんのでご了承ください。
[03/26 ミント]
[03/26 ミント]
[03/26 ミント]
[03/26 ミント]
[03/26 たなちゃん]
[03/04 pagi]
[03/02 たなちゃん]
[01/12 たなちゃん]
ランキング
アーカイブ
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター
BACKGROUND / tudu*uzu
TEMPLATE / Lenny
忍者ブログ [PR]