忍者ブログ
今日も小さな幸せ探ししています。      
駐京事務所巡り@四川

さて 今回私が行った四川駐京事務所は、
南3環 小紅門にある 知る人ゾ知る四川駐京事務所内のレストラン。
建国門にある事務所とは違って えらいゴージャスで驚きです。
img20081010.jpg
広大な敷地には、鯉が泳ぐ池や噴水や
いくつもの建物があって迷子になりそうなくらい。
そしてそれらの建物まで 乗っていくのか人力車までもいました。

肝心のレストランは、6号館にあります。
客層も雰囲気も料理も建国門とは違って ちょっと上品ですが
その分お値段も ちょっと高めです。

まずは冷菜に焼椒茄子酸辣蕨根粉
img20081010_3.jpg img20081010_5.jpg
日本の焼き茄子を想像して口に運んでしまった私は、
ちょっとビックリなお味でしたがサッパリしていて
焼き茄子にうすい大蒜醤油をかけた物を想像してください。
でも 上にかかった青唐辛子がくせ者です。

酸辣蕨根粉は、私の好きな酸っぱくて辛い味。
蕨の粉で作られた麺のようなものとの相性が良くて
清涼感が堪りません。
img20081010_4.jpg寄順豆腐は手作りのおぼろ豆腐で
辛い味噌と辛いタレを好みでかけて
いただきます。

絹豆腐が好きな私は、粗めの豆腐と堅さが
どうもイマイチでしたが
辛さと痺れを中和する1品には良いかも?


↓コレは蒜泥白肉 四川料理の定番、
茹でた豚ロースにラー油やニンニクの辛いタレがかかっています。
これも他の店とはちょっと違って
何か分からないけど うまみがあってとっても美味しかった~。
img20081010_6.jpg img20081010_2.jpg
               ↑青花椒兎丁 
漢字の意味するとおり 青山椒と兎肉の冷菜
実は、冷菜と思わず注文してしまってあれれ・・って感じでしたが
兎肉は、鶏肉のような淡泊な味で美容にも良いのだとか・・・
青山椒の爽やかな痺れが強烈ですが 結構アッサリした味です。

今回食べた中で 私が次回も食べたい!と思ったのは この4品。
img20081010_9.jpg img20081010_7.jpg
コレも定番の麻婆豆腐担担麺
麻婆豆腐は、特に使われていたもっちりした豆腐が美味しかった。
img20081010_8.jpg img20081010_10.jpg
宮爆老蝦は、甘辛い辛さに酸味が少し加わって
ピーナツもアクセントになっています。

口水鶏は、蒸し鶏に四川の真っ赤な激辛ソースがかかっている。
もちろん辛いのですが一口食べたら 後を引いてつい手が伸びてしまう味。

でも私が思うには、ここの料理は、
もちろん四川料理なのでかなり辛いのだけど 
旨さと辛さ、痺れが上手く調和していて
全体的にわりとマイルドな味だなぁ~って感じました。




 

拍手[0回]

PR
- 275 - 274 - 273 - 272 - 271 - 270 - 269 - 268 - 267 - 266 - 265
prev  top next
プロフィール
HN:
ミント
性別:
女性
自己紹介:
横浜から上海、北京と移り住んで、 よっと疲れが出てきた10年目にしてやっと日本に帰国しました。今度は横浜で日々の楽しみや小さな幸せを見つけて生きてます。
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ情報
クリックしていただけると 励みになります。
最新コメント
拍手からコメントいだきますと返信ができませんのでご了承ください。
[03/26 ミント]
[03/26 ミント]
[03/26 ミント]
[03/26 ミント]
[03/26 たなちゃん]
[03/04 pagi]
[03/02 たなちゃん]
[01/12 たなちゃん]
ランキング
アーカイブ
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター
BACKGROUND / tudu*uzu
TEMPLATE / Lenny
忍者ブログ [PR]