忍者ブログ
今日も小さな幸せ探ししています。      
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

つかの間の交流


DSCF0025.JPG昨日 人民服っぽい格好をしたおじさんに
道で声を掛けられて地下鉄駅を訪ねられました。
ちょうど駅方面に向かう途中だったので
話をしながら途中までご一緒しました。

黒龍江省のロシア国境付近の方で
これから故郷に帰るとか・・・・・。
場所を教え終わると唐突に「何処の出身?」
と聞かれ
「日本人だ」と言うとえらく驚いていました。

そ・・そんなに 外国人っぽくないですかね・・。ワタシ。(不安)

「なぜ北京に居るのか?」 「中国語を勉強する目的は何か」とか
「年齢」「主食にしているもの」「日本のこと」など
それから質問攻めで 話は尽きることなくあっという間に駅近くに到着し
15分の道のりがえらく近く感じたわ。
最後に笑顔でいつまでも手を振ってくれたのが印象的でした。

いつも思うのですが 中国人って話題作りがうまいですよね

日本人はコミュニケーションが 下手だとよく言われていますが
まさに日々実感しています。
特に私は 話すことが苦手で 空白が出来たら
「どうしよう・・・」と思っちゃうのですが
中国人は 初対面でも全然関係なく 親し気に話し掛けてくれます。
そして驚くほどボキャブラリーの多いこと!!
特に北の人は 本当に話しが上手くて人との会話を楽しんでいらっしゃるようです。

お決まりの「給料はいくらか?」と聞かれたときは
「おお!!出た・・・」と力が抜けてしまったが
 昨日のおじさんは「きっと3000元~5000元くらいでしょ?」と
言うので・・・本当のことは言えなかったよ・・・。


001s.jpg

よく中国人に道を訪ねられることが多いのですが
それって私だけじゃないみたいですね。

最初は「どうして外国人の私に?」と不思議でしたが
たくさんの民族が暮らす中国だから
いろいろな人がいて当たり前で いちいち気にしていないのでしょう。
結構 気軽に声を掛けてきます。

最初は、「我不知道(分かりません)」と答えることしか出来なかったけど
最近は 下手ながらも教えてあげることが出来るようなって
ちょっと嬉しいのですが
道順を教えることって結構難しくって
ましてそれを中国語で言うのは 簡単じゃないいんですよぉ~
だから時々 本当に分かってくれたのか心配になっちゃうんですよね。

昨日のおじさん・・・ちゃんと電車に乗れたかな・・・・・・。


拍手[0回]

PR
comments**
無題 
σ(o^_^o)も道聞かれることがあるけど、きっと気のいいおばちゃんの顔をしてるからだと自分で納得してます(・┰・) ベー

「真っ直ぐ行って二つ目の信号を右に曲がる」って言うくらいのレベルでしか教えてあげられないけどね~~

そのおじさんも、日本人の太太と話しをしたって、今頃故郷で自慢してることでしょうね ~(´∀`*)ヶラヶラ
** 2010/03/07 17:07 | Posted by たなちゃん
Re:無題 
そうそう、私も「私の顔が親切で優しそうにみえるから・・・」と勝手に
思うことにしています。分からないと 地図を広げて探してあげたりすると
すごく感激してくれますよね?
困ったときはお互い様・・・・ですね。
2010/03/08 00:11 | From ミント
yourname ()
title ()
website ()
message

pass ()
- 255 - 254 - 164 - 165 - 163 - 162 - 161 - 160 - 112 - 111 - 110
prev  top next
プロフィール
HN:
ミント
性別:
女性
自己紹介:
横浜から上海、北京と移り住んで、 よっと疲れが出てきた10年目にしてやっと日本に帰国しました。今度は横浜で日々の楽しみや小さな幸せを見つけて生きてます。
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログ情報
クリックしていただけると 励みになります。
最新コメント
拍手からコメントいだきますと返信ができませんのでご了承ください。
[03/26 ミント]
[03/26 ミント]
[03/26 ミント]
[03/26 ミント]
[03/26 たなちゃん]
[03/04 pagi]
[03/02 たなちゃん]
[01/12 たなちゃん]
ランキング
アーカイブ
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター
BACKGROUND / tudu*uzu
TEMPLATE / Lenny
忍者ブログ [PR]